心理カウンセリングのイロハ

カール・グスタフ・ユングについて

カール・グスタフ・ユング(1875年7月26日から1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者です。スイスのトゥールガウ州ボーデン湖畔のケスヴィルで牧師の家に誕生しました。学生時代にはニーチェやゲーテ、カントなどの著作を熱心に読んでおり、少年期から善と悪や、人間と神など、自身の内面について強い関心を寄せていました。

 

カール・グスタフ・ユングは精神分析学を提唱したフロイトに師事し、精神分析家として活躍していました。医学や考古学にも関心を示し、活発に友人らと共に議論している内に、心理学の道を進むことに決め、精神疾患を患っている人の治療にあたりながら、疾患に関する研究も進めました。とりわけ当時は不治の病だと言われていた統合失調症、いわゆる分裂病の解明と治療に尽力しました。フロイトは当時ヒステリー患者の治療や無意識についての解明をしており、非常に親しく意見交換をしていたのですが、ユングは神話研究にも励んでおり、そのうちにフロイトの考え方との相違が明らかになり、方向性の違いがどうにもならず、徐々に離れる事になりました。

 

フロイトは「無意識というのは意識と対立する」と考えていたのに対し、ユングは「無意識というのは自立的なもので、意識の母体である」と考えていたのです。ユングはさらに「無意識にはアーキタイプが存在する」とも述べました。アーキタイプというのは、人が生まれた時から持つ心の要素を指します。

 

ユングは異なるアーキタイプを持っていたとしても、人間に共通することには間違いないということについて調査を行う為に、ネイティブアメリカンの村やアフリカ、アジアなど、世界を点々と巡りました。

 

その結論として、「人間をいくつかに分類することには何の意味もなく、類型論というのは、人間を知るための手がかりの1つでしかない」と考えました。

 

ユングの理論は極めて難しいと言われているのですが、それは概念や理論の変還にあるとされています。しかし、精神分析を語る上でユングの理論を避けて通ることはできません。

 

日本においてユング心理学は河合隼雄氏によって紹介されました。箱庭療法もユングの流れを組んでいる心理療法であり、日本では非常に急速に広く普及しました。そういう背景もあり、日本ではユング心理学に非常に関心が集まっています。

 

日本の心理学者・心理療法家である河合隼雄氏(1928年6月23日から2007年7月19日)は元文化庁の長官を務めていました。河合氏は臨床心理学や分析心理学、日本文化論を専門としており、日本ではユング心理学の第一人者だとされています。河合氏は日本に箱庭療法を導入し、あっという間に広めました。日本人は非言語的な表現を行うことが多いために、箱庭療法が非常に向いていると判断したと言います。また、1988年に日本に日本臨床心理士資格認定協会を創設し、臨床心理士の資格に関する整備を行い、日本における心理学にも貢献した人物です。それと同時に箱庭の研究と実践を多く行いました。