心理カウンセリングのイロハ

心理療法の様々な種類

心理療法と一言で言っても、心理療法の種類はかなり多岐に渡ります。

 

カウンセリングを行う上で必要な2本柱である、「カウンセリングの方法論」と「クライアントを理解するための理論」は同時に求められます。クライアントの抱えている問題や悩みをカウンセラーがしっかり理解することで治療がスムーズに進むのです。

 

現在行われているカウンセリングでは、先述した「カウンセリングの方法論」と「クライアントを理解するための理論」をベースにしながら、色々な理論が発展しているのですが、これらの理論のどちらに重きを置くのかによって理論は大きく異なって行きます。

 

心理療法の具体的な種類としては、ゲジュタルト療法や論理療法、行動療法や精神分析療法、来談者中心療法や箱庭療法、現実療法や家族療法などが存在しています。