心理カウンセリングのイロハ

家族療法とは

家族療法とは、心理療法の総称であり、家族を対象としています。家族というのは、個人個人それぞれが互いに影響を与えています。ですから、家族の中の誰か1人に心の悩みや問題が起こっている場合は、家族がそれぞれ影響を与え合っている中で起こった現象だと捉え、カウンセリングおよび治療を行う必要があります。

 

家族が本来持っている力を引き出して、今後に向けて家族がどのように力を合わせたら問題を解決することができるのかということを重視して治療を行っていきます。ただし、誰が原因なのか、悪者は誰なのかということは行いません。現在と未来を見つめてカウンセリングを行っていきます。

 

家族の力関係や役割、一人一人の心が変化することで、悩みを抱えている患者の症状が段々と改善していきます。もし患者本人がカウンセリングを受けたがらなくても、その家族のみが通院することで結果を出す事もあります。なお、家族はクライアントという呼び名ではなく、IP:Identified Patient(患者と見なされた人)という呼び方をされます。

 

この家族療法は心の病気を抱えた全ての人が対象となりますが、現在家族療法を行っている専門機関がそれほど多くありません。また、保険が適用されないことも承知してください。予約を行った上で自費で診療を受ける事になります。

 

とはいえ、やはり心の問題は患者本人だけの問題ではありません。家族が一丸となって向き合うことがどのような心の病気の場合にも大切なのではないでしょうか。